お知らせ

開催日時:2020 年 2 月 12 日 13:00 ~ 16:30

主 催 者:度会町地域包括支援センター

内  容:対人援助におけるインテークからアセスメント
     ~質問力・真のニーズを捉える為の技術を学ぶ~

参 加 者:奥野雄也

困難事例を中心に利用者のニーズを捉えるグループワークを行いました。事例内容が関係者も含めかなり複雑な為全体の理解の把握が難しく、本人及び主介護者等の関係者にも軽度の知的障害等が見られる等、非常にボリュームのある内容でした。本人の事前情報や経過記録の本人等の発言、現在の状況と過去の状況の相違の確認等、複雑な内容を1度整理しきっちり内容を把握する事が、複雑かつ困難な事例を対応するには大事であると研修中に話がありました。またニーズの把握にもいかに本人からの情報を聞き出し重視するかの大事さを学びました。また本人の問題行動等には何かしらの根拠がある為、そういった行動を起こす背景の理解や本人から聞き出し入手した情報からの推測は、先々での対応策や今後の問題発生を予防する為に必要な見通しを得る機会になるので重要視する必要があるとも話があった。今回の研修内容はかなり複雑な事例を扱った事や内容も難しく感じた為、理解としては多少追いついていない部分もあったが、内容を通して複雑な問題には1度整理しなおす事や、問題が発生しているその理由を表面的な部分だけで捉えるのではなく、その裏側を本人の言葉や行動から推測し対応出来るように、訓練していきたいと思います。