お知らせ

気温も日に日に上昇してきており、汗をかく日が増えてきたと同時に、蚊の「プゥ~ン」という嫌な羽音も聞こえるようになりました。
そこで今回は「網戸の張替え」をご紹介いたします!!

施工前

経年劣化で網、ゴムがパリパリの状態です。こうなると簡単に破れてしまい、細かい網やゴムがポロポロと落ちてきます。もちろん虫も侵入します。

使用する道具はこちらです

① 網
② 網戸押さえクリップ
③ 網戸押さえゴム
④ 押さえゴム専用ローラー
⑤ カッター
⑥ 網戸専用カッター

 

 

お近くのホームセンターでお買い求めいただけます。網、押さえゴム共にサイズがある為、しっかり確認してからご購入下さい。また、網の目のサイズも複数あり、細かい物は小さな虫が入ってこない代わりに、風通しが悪くなります。

ステップ1

古い網とゴムを除去し、軽くサッシを清掃します。次に新しい網を、網戸の枠から少しはみ出るように乗せますが、ここで網が枠に対して上下左右均等になるように注意して置いて下さい。片側を網戸押さえクリップで押さえ、準備完了です。

ステップ2

次はゴムを入れていく作業です。ゴムを入れる四辺の溝のうち、先に入れる二辺と、後で入れる二辺で、張り方が違うので注意してください。

最初の二辺のポイント

網と網戸の枠が平行になるように、左手で調整しながらゆっくりローラーを使ってゴムを入れていきます。ここで網が斜めになったままゴムで押さえてしまうと、たわみやヨレの原因になります。

後の二辺のポイント

後の二辺は、左手で外側に軽く引っ張りながらゴムを入れていきます。このとき引っ張りすぎると網が伸びてしまうので注意してください。

ステップ3

ゴムを全て入れ終わったら、余った網を切っていきます。

網の四隅にカッター、またはハサミで切り込みを入れます。ゴムで押さえている部分ぎりぎりの所まで切り込みを入れておくと、仕上がりがきれいになります。

専用カッターで、切りこみを入れた所から切っていきます。切る時にカッターが網戸のフレームから離れないように軽く押し当てながら切ってください。

普通のカッターで切る場合は、刃を長めに出し、網を傷つけないよう刃先が網戸の外側を向くように切ってください。この時もカッターがサッシから離れないよう注意してください。

最後にたわみ、ヨレが無いか確認し、飛び出ている網の切れ端などを除去すれば完成です!

網戸の張替えは、簡単そうでやってみると意外と難しいんです。ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。自信がない、上手く張れないという方は、便利屋ファミリー伊勢店にご依頼ください!